ものつくり大学の学生来訪

2018年11月15日、ものつくり大学の課外授業の一環として、社屋見学会を開催いたしました。
昨年も同時期に開催いたしましたが、今年はさらに内容をボリュームアップ!
少しでも電気に興味を持っていただくべく、創意工夫を凝らして準備させていただきました。

今年は電気工事実習からスタートです。
まずは電気の流れを理解していただくため、簡単な配線をしていただき、LEDライトの点灯実験を行いました。
さすがものつくり大学の学生さん。ほぼすべての方が点灯に成功していました。

さて、ここからが本番です。
点灯実験を応用し、今度はスイッチ配線を作っていただきます。
当社担当者の説明を真剣に聞きながら、一生懸命に作業されていました。
難しい顔をしながら作業をしていた学生さんたちも、完成すると嬉しそうな笑顔がちらほら。
とても楽しんでいただけたようです。

社屋見学では、社屋についての概要を説明後、3つの班に分かれて見学していただきました。
事務所内では、画像センサーによる照明制御や各施設サイネージ、
屋外及び機械室では、南壁面太陽光モジュールや地中熱利用空調機、
屋上では、太陽光発電設備や変電設備、将来用燃料電池置場等を中心にご覧いただきました。

本日の見学会が、少しでも電気に興味を持つきっかけになれば幸いです。
ご来訪ありがとうございました!